Krosa

兵庫県在住の社会人(3年目)が、日々の出来事を日記感覚で綴ります。

B'z LIVE-GYM 2017-2018 "LIVE DINOSAUR"

もう1か月以上も前のことになってしまいましたが、先月のB'zライブについて書きます。



昨年の12月中旬から今年の2月上旬までの約1か月半、アルバムツアーとして「B'z LIVE-GYM 2017-2018 "LIVE DINOSAUR"」が行われました。
自宅から最寄りの公演があった大阪は、なんとツアーの最後の地。
ということで、2月4日の千秋楽の公演に応募したところ、見事当選。
ツアーファイナルに参加してきました。


2月4日(日)。

イメージ 1
午前11時半に、会場である京セラドーム大阪の前で父と合流。
ツアーグッズを購入するための待機列に並びました。

12時になると、ようやくグッズ販売が始まり、欲しかったグッズを無事に確保。
ガチャガチャもして、任務完了。
昼食のため、地下鉄で鶴橋まで移動しました。

鶴橋に到着し、「焼肉鶴橋牛一 本店」にて昼食。
ホルモンランチとクッパを食べました。
久しぶりに美味しい肉を食べて、元気が出ました。

昼食後は、夕食に向けた店探し。
お好み焼きが食べたいということで、難波にある「福太郎」という店をマークしたところで、ちょうどライブ会場に向かうのにいい時間になりました。

イメージ 2
開演の約1時間前に会場に戻りました。

イメージ 3
記念に撮影。
その後、ツアートラックを見に行きました。

イメージ 4
2種類のイラストのツアートラックを見かけました。

イメージ 5
ファンの方の撮影スポットになっていました。

そして、いよいよ入場。

イメージ 6
座席は、なんとスタンドの上段という驚異的な引きの悪さ。(笑)
ドームでアリーナ席が当たったときに、「あー、あんな上の方までお客さんがいるんだなー」と見上げていたまさにその席でした。
これまでボクが行った全てのライブの中で、最もステージから遠い席だったかもしれません。
ただ、スタンド上段の中でも最前列だったため、前に人はおらず、会場全体を見渡すには最高の座席でした。

同じ日に別グループでライブに参加していた母に会いに行ったりしながら、開演を待ちました。
そして、17時……。

B'z LIVE-GYM 2017-2018 "LIVE DINOSAUR" セットリスト
2018年2月4日(日) 17:00~
@京セラドーム大阪

01. 声明
02. CHAMP
03. 孤独のRunaway
04. ハルカ
05. ルーフトップ
06. FIREBALL
07. Don't Leave Me
08. 赤い河
09. SKYROCKET
10. それでもやっぱり
11. 愛しき幽霊
12. 弱い男
13. Purple Pink Orange
14. イチブトゼンブ
15. DIVE
16. Dinosaur
17. King Of The Street
18. フキアレナサイ
19. Still Alive
 -Encore-
20. ultra soul
21. BANZAI

オープニング映像は、映画「ジュラシック・パーク」に使われていそうな、恐竜がいるであろう茂みの中を進んでいくといったもの。
恐竜の鳴き声が、「Dinosaur」の前奏で流れるギターの音色だったのが面白かったです。

では、印象的だった曲の感想を。


声明
1曲目の予想は「Dinosaur」でしたが、見事にハズレ。
しかし、前奏のギターの音に合わせて幕が開く映像が流れ、いよいよライブの始まりだと一気にテンションが上がりました。

孤独のRunaway
前奏が流れた瞬間に「おぉ」となった曲。
初めてライブに参加した「GLORY DAYS」ツアーのときは全く知らない曲でしたが、また聴けてよかったです。

赤い河
おそらく本ライブの最大の目玉曲。
前奏が流れたとき、喜びよりも先に「えっ、嘘でしょ!?」となりました。(笑)
この曲が聴けるとは思っていませんでしたが、本当に素晴らしかったです。

弱い男
正直、音源ではそれほど好きではなかったのですが、曲を演奏する前のパフォーマンス(?)が面白くて、それをきっかけに楽しむことができました。

King Of The Street
久々にタオルを回しました。
タオルを回すといえば「ギリギリchop」ですが、「King Of The Street」ぐらいのテンポでもタオルを回す曲に選ばれるんですね。
スタンド上段の最前列だったため、タオルを下に落としてしまわないか不安でした。(笑)

フキアレナサイ
「冬のウルトラソウル」というリクエストから作られた曲ということもあり、非常にライブ映えする曲でした。
2017年のSHOWCASEで披露されていなかったので、聴けると期待していましたが、よかったです。

ライブのラストがこの曲なのも、なかなかいいなと思いました。
最後にバンザイする会場の一体感もよかったです。


今回のセットリストは、定番曲がやや少なく、その分、レアな曲が多かったように思いました。
B'zの曲に詳しい人なら、いつものアルバムツアーよりいいセットリストだったのではないでしょうか。

そして、「Into Free EXTRA」以来の千秋楽公演への参加でしたが、そのときと同様、今回も最後の最後にサプライズが!
なんと、「LIVE-GYM Pleasure 2018」開催決定の映像が流れたのです!
会場が歓喜、ボクも歓喜で、最高のシメでした。


ライブ後は、難波の「福太郎」でお好み焼きを食べて、父と解散しました。



ということで、修士論文執筆中のライブだったこともあり、「もし修論関連の用事が入ってライブに行けなくなったら……」なんて考えたりもしましたが、無事に満喫することができてよかったです。
「Pleasure 2018」については、すでにB'z PARTYの方でチケットを確保したので、1年で2種類のB'zのライブツアーに参加できる貴重な2018年を、これからも頑張って生き抜きます。(笑)

イメージ 7