Krosa

兵庫県在住の社会人(4年目)が、日々の出来事を日記感覚で綴ります。

スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム <字幕>

※ネタバレ注意!

(今回は本当にネタバレしてます)

 

 

昨日から上映が始まった「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」を観てきました。

 

f:id:pleasure190814treasure:20220108234512j:image

MCU映画の27作目であり、MCUスパイダーマンの3作目となる本作。

 

 

前作「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」の最後の最後が、スパイダーマンの正体が世界中にバレたところで終わったので、この後どうなるのかがとても気になりました。

本作はこのシーンから始まるので、当時のワクワクを一気に思い出して、すぐに映画の世界に入り込めました。

 

序盤は、いかにも前作の続きという感じで物語が進んでいきましたが、「スパイダーマン」シリーズ(2004〜2007年)や「アメイジングスパイダーマン」シリーズ(2012〜2014年)のヴィランが登場し始めると、徐々にMCU作品から離れたような展開になっていきました。

そして、中盤もそろそろ終わりかという頃、まさかのサプライズ!

スパイダーマン」シリーズのスパイダーマントビー・マグワイア)と、「アメイジングスパイダーマン」シリーズのスパイダーマンアンドリュー・ガーフィールド)が本作に登場したのでした。

 

先月までに入手していた本作のチラシなどには、「過去シリーズのスパイダーマンが勢揃い……!?」的なことが示唆されていました。

それが実現すれば、確かにスペシャルな作品になるのは間違いないと思いましたが、やっぱり「大人の事情」は避けられないはずなので、まあないだろうと考えていました。

 

それなのに、よくこんな共演が現実になったなと、純粋に感動しました。

学生時代から映画館でスパイダーマンを観てきた身としては、これほど嬉しいことはそうそうありません。

 

登場こそ「えっ、こんなあっさりと出てくるの!?」と驚くほどでしたが、過去シリーズの2人のスパイダーマンもやっぱりカッコよかったですね。

相応に歳を取っているのもいいし、そんな2人がスパイダーマンとして戦っているのも素晴らしかったです。

2人のスパイダースーツの見分けが難しくて、いま映っているのがどっちのスパイダーマンかわかりにくかったのだけが残念でした。(笑)

 

そして、ラストはMCUスパイダーマントム・ホランド)の決断。

過去シリーズのキャラクターはもちろんですが、MJやネッドなどの本作の登場人物たちとも別れることになるとは、予想していませんでした。

孤独な道を、それでも前を向いて進み始めたピーターが描かれ、本作は終了しました。

 

世界中からピーターの記憶を消したことで、MCUキャラクターたちとの繋がりもなくなったということだと思いますが、今後、スパイダーマンはどうなっていくのでしょうか?

スパイダーマンシリーズの集大成として、ある意味キリのいい終わり方ではありますが、まだまだスパイダーマンの活躍を観ていたい僕には、少し寂しいです。

 

あと、本作を観ると、それぞれのスパイダーマンシリーズの内容って、うまい具合に重なったりズレたりしていたんだなと実感しました。

各世界のヴィランのこともそうですし、3人のスパイダーマンがそれぞれ失った大切な人が違うというのも面白い設定だなと思いました。

もちろん、2004年の1作目から考えていたわけではないでしょうが、それでもこういう形でまとめてきたのはスゴいです。

 

 

とにかく、本当に素晴らしい作品を観させていただきました。

これだけ心に響いた映画は、いつ以来だろうか。

2022年、1発目から大当たりの作品でした。

 

評価: ★★★★★★★★★★

 

パンフレットも買って本格的に余韻に浸ろうかとも思ったのですが、パンフレットの中身がネタバレなしでイマイチ、みたいな意見を多く見かけたので、パンフレットはやめました。

その代わり、浮いたお金で本作をもう1回映画館で観ようかと思っています。

家のテレビで観るのとは、また全然感動も違うと思うので……。

謹賀新年 2022

明けましておめでとうございます。

2022年になりました。

 

今年の目標は、「健康第一」。

……というのは本音ではありますが、あまりにもありきたりなので、第2の目標として「変化を恐れず積極的に挑む・試す」というのも立てておこうかと思います。

昨年は、投資入門をはじめ、わりと変化のあった1年だったので、今年も引き続きチャレンジ精神を忘れずに頑張りたいです。

 

当ブログ的には、「もう少しちゃんとした記事を書く」を目標にしますか。

最近は、時間がないのもあって、やっつけ仕事的な感じで更新してしまっているので、少し改めたいなと。

 

 

では、今年もよろしくお願いします。

変 2021

早いもので、また1年が終わろうとしています。

例年通り、ひと月ごとの出来事を振り返ろうかとも思いましたが、年末年始の特番に向けてTVレコーダーの容量を空けたいし、ジャンプ+の呪術廻戦8巻無料分も読破したいし、Disney+を来月退会するまでにマーベル作品も見尽くしたい、ということで、簡易版でいきます。

今年最後の記事ぐらいビシッと締めたかったのですが、いかんせん時間がなさすぎるのです。

 

<2021年のハイライト(順不同)>

・「名探偵コナン 緋色の弾丸」鑑賞

・「B'z presents LIVE FRIENDS」参加

・新型コロナワクチン接種(2回)

・仕事繁忙(夏〜秋)

・旅行(さんたび3回、宿泊あり3回、その他)

投資信託入門

・マッサージ入門

 

振り返ると、あまり何もしていない1年だったなと感じました。

コロナのせいで、というのもあるとは思いますが、それにしてもなぜだろう。

もうちょっと何かあったような気もしますが、思い出せません。

 

昨年と比べると、映画もライブも徐々に戻りつつあって、充実してきてはいるはずなんですけどね。

感動が減ったということでしょうか。

もう歳なのか?(笑)

 

今年を表す漢字一文字は、「変」です。

上記の通り、振り返ると思っていたような1年でなくて「変だなぁ」というのもありますが、その他に「変化、変革」という意味もあります。

投信を始めたりマッサージに通い始めたりしたのもそうですし、Disney+に入会したり企業型確定拠出年金を始めたり少年サンデーでコナンの最新話を追いかけ始めたり……。

新たなことに挑戦できた1年でもあったなと感じました。

 

あれ、最初に書いた話と少し違うような……。

 

まあいいや、過ぎていく年のことは忘れて、次の1年に思いを馳せながら、残り僅かな2021年を楽しむことにします。

 

 

すいません、グダグダな記事になりましたが、今年はこれでおしまい!

よいお年をー!

劇場版 呪術廻戦 0

※ネタバレ注意!

 

 

今日は有休が取れたので、公開初日となる「劇場版 呪術廻戦 0」を観てきました。

 

f:id:pleasure190814treasure:20211224232901j:image

本編「呪術廻戦」の前日譚となる本作。

 

 

「呪術廻戦」のアニメは、放映当時に全話観ていたのですが、世間の流行り具合に反して、個人的にはそれほどハマっていませんでした。

内容がややこしいというのもありますが、ちょうど同時期に追っかけで観ていた「鬼滅の刃」の方が好きだったというのも影響していたと思います。

 

そういうこともあって、観に行かないという選択肢はないものの、本作もそれほど楽しめないんじゃないかと、あまり期待せずに観に行きました。

 

が!

本作は面白かった!

あの大スクリーンで観る迫力も追い風になったのか、アニメ本編よりも全然楽しめました。

 

そして、もう一度本編の方も観返したいと思うようなわかりやすさもありました。

さすが本編の前日譚というだけあって、本編の1話よりも「呪術廻戦」の導入に向いているんじゃないかと思いました。

本編で出てきた伏線の回収もあるので、そういう楽しみは減るかもしれませんが、わかりやすさという点では本作スタートでもいいんじゃないでしょうか?

 

本作の主人公・乙骨憂太の成長や仲間との絆など、ジャンプ作品らしい展開がハマっていました。

あと、バトルシーンの疾走感と迫力もよかったです。

 

今後、本作が本編の方にどう絡んでくるのかも気になります。

憂太のその後もそうですし、なぜ夏油傑が本編で生きているのかというところも何か隠されていそうです。

 

 

鬼滅の刃」然り、「ドラえもん」然りですが、原作マンガを映画化するのは、やっぱり安定して面白い気がします。

原作既読の人からすると、映画オリジナルの方が新たな楽しみがあるのでしょうが、こういう風潮もなくはないなと思います。

やっぱり原作者は偉大ですね。

 

評価: ★★★★★★★★★☆

 

原作未読なので、2時間でどれだけ描けているのかわかりませんが、原作からカットされていると思われる場面もいくつかありました。

機会があれば、原作も読んでみたいですね。

あとは、アニメ本編も観返したいです。

殺人の門

※ネタバレ注意!

 

 

東野圭吾さんの「殺人の門」を読みました。

 

f:id:pleasure190814treasure:20211223231155j:image

殺人を犯すために、自分に足りないものとは……。

 

 

全体的に暗いし、緩急も少ない物語なのですが、なぜか先が読みたくなるという、珍しいタイプの作品でした。

巻末の解説には、これこそ作者の力量だという風に書いてありましたが、なるほど納得です。

 

数々の不幸を味わい、その根源ともいえる人物を確かに憎んでいるのに、どうしても最後の一押しが足りず殺人に踏み切れない主人公。

深く考えたことはありませんでしたが、殺人を犯した人というのは、確かにそういう一押しすら超えたから実行に移したわけですよね。

そう考えると、その「一押し」というのがどういうものなのか、気にならないこともないといったところでしょうか。

 

あとは、主人公をはじめ、馬鹿な登場人物が多くてイライラしました。

「なぜまた騙されるんだ、学習しろよ」と何度心の中でツッコんだことか……。

まあ、こういうのも読んでいて楽しいポイントの1つなのですが。(笑)

 

 

ということで、緩急があまりないが故に、驚きや感動というのはほとんどありませんでした。

しかし、なぜかどんどん読み進められるというのは、本当に不思議でした。

 

評価: ★★★★★★★★☆☆

 

結末は、想像していた感じではなかったので肩透かしを食らったようでした。

本作のテーマに対して、最後はドーンと答えを突きつけてほしかったかな。

 

 

東野圭吾作品 読了リスト (2018/06/14 - )

 

01. 放課後 (2018/06/14 - 2018/06/21) ★×9

02. 卒業 (2018/06/21 - 2018/06/26) ★×8

03. 白馬山荘殺人事件 (2018/06/26 - 2018/07/03) ★×6

04. 学生街の殺人 (2018/07/03 - 2018/07/13) ★×9

05. 11文字の殺人 (2018/07/13 - 2018/07/30) ★×7

06. 魔球 (2018/08/03 - 2018/08/14) ★×9

07. ウインクで乾杯 (2018/08/14 - 2018/08/23) ★×7

08. 浪花少年探偵団 (2018/08/23 - 2018/08/30) ★×8

09. 十字屋敷のピエロ (2018/08/31 - 2018/09/10) ★×7

10. 眠りの森 (2018/09/11 - 2018/09/25) ★×7

11. 鳥人計画 (2018/09/26 - 2018/10/05) ★×8

12. 殺人現場は雲の上 (2018/10/09 - 2018/10/17) ★×9

13. ブルータスの心臓 (2018/10/17 - 2018/10/30) ★×8

14. 探偵倶楽部 (2018/10/30 - 2018/11/08) ★×8

15. 宿命 (2018/11/08 - 2018/12/05) ★×7

16. 犯人のいない殺人の夜 (2018/12/20 - 2019/01/02) ★×8

17. 仮面山荘殺人事件 (2019/01/02 - 2019/01/14) ★×7

18. 変身 (2019/01/15 - 2019/01/30) ★×7

19. 回廊亭殺人事件 (2019/02/26 - 2019/03/14) ★×7

20. 天使の耳 (2019/03/14 - 2019/03/21) ★×8

21. ある閉ざされた雪の山荘で (2019/03/21 - 2019/04/02) ★×7

22. 美しき凶器 (2019/04/02 - 2019/04/24) ★×7

23. 同級生 (2019/04/24 - 2019/05/17) ★×8

24. 分身 (2019/05/17 - 2019/06/10) ★×7

25. しのぶセンセにサヨナラ (2019/06/17 - 2019/06/26) ★×8

26. 怪しい人びと (2019/06/27 - 2019/07/04) ★×7

27. むかし僕が死んだ家 (2019/07/04 - 2019/07/25) ★×8

---以下から5段階評価に変更---

28. 虹を操る少年 (2019/07/25 - 2019/08/07) ★×4

29. パラレルワールド・ラブストーリー (2019/08/07 - 2019/08/28) ★×4

30. あの頃ぼくらはアホでした (2019/08/28 - 2019/09/02) ★×5

31. 怪笑小説 (2019/09/02 - 2019/09/09) ★×4

32. 天空の蜂 (2019/09/09 - 2019/10/28) ★×4

33. 名探偵の掟 (2019/10/30 - 2019/11/12) ★×4

---以下から10段階評価に変更---

34. どちらかが彼女を殺した (2019/11/12 - 2019/11/25) ★×9

35. 毒笑小説 (2019/11/26 - 2019/12/10) ★×6

36. 悪意 (2020/01/15 - 2020/02/05) ★×8

37. 名探偵の呪縛 (2020/02/06 - 2020/02/19) ★×7

38. 探偵ガリレオ (2020/02/19 - 2020/03/16) ★×8

39. 秘密 (2020/03/16 - 2020/04/03) ★×8

40. 私が彼を殺した (2021/01/18 - 2021/02/10) ★×7

41. 白夜行 (2021/02/11 - 2021/03/24) ★×8

42. 嘘をもうひとつだけ (2021/04/19 - 2021/05/02) ★×7

43. 予知夢 (2021/05/02 - 2021/05/11) ★×8

44. 片想い (2021/05/17 - 2021/06/15) ★×7

45. 超・殺人事件 (2021/06/15 - 2021/06/21) ★×8

46. サンタのおばさん (2021/06/22) ★×5

47. レイクサイド (2021/06/22 - 2021/07/01) ★×7

48. 時生 (2021/07/01 - 2021/07/16) ★×8

49. ゲームの名は誘拐 (2021/07/16 - 2021/09/03) ★×8

50. 手紙 (2021/09/07 - 2021/09/23) ★×7

51. おれは非情勤 (2021/09/24 - 2021/09/30) ★×7

52. 殺人の門 (2021/11/17 - 2021/12/09) ★×8