Krosa

兵庫県在住の社会人(3年目)が、日々の出来事を日記感覚で綴ります。

人魚の眠る家

※ネタバレ注意!


約3か月ぶりに映画館で映画を観てきました。
今回観たのは、「人魚の眠る家」です。

イメージ 1
水の事故で脳死状態となった娘。
延命治療を選んだ夫婦は、最先端技術により娘を育てていくが……。


原作は、東野圭吾さんの同名小説。
学生時代に小説を読みましたが、例によって内容はほとんど忘れていました。(笑)

この映画を観た感想は、「よくこんな話が書けるなー」でした。
いろいろと考えさせられるけど、いくら考えても自分の答えは明確にならない。
そんな深いストーリーでした。

子どもを持たない私のような人間でも重い内容なのに、同じような子を持った母親が本作を観たら、トラウマになるんじゃないでしょうか。
劇中、母がプレゼントを娘に受け取らせようとする場面では、さすがに恐怖すら感じましたが、気持ちはわからないでもない。
また、包丁を持ったまま警察に「娘を殺して罪になるなら、喜んで受け入れる」と言い放つ母の姿にも、納得できてしまいました。


と、いろいろ書きましたが、感想を文字に起こすには荷が重いですね。
ぜひ映画を観てほしいです。
きっと、言葉にならない感情が芽生えます。
キャストの方々の演技も非常にリアルで、余計に引き込まれました。

評価: ★★★★★★★★★☆

意外なことに、感動で泣くということはなかったので1点減点。
しかし、心に残る名作でした。