Krosa

兵庫県在住の社会人(5年目)が、日々の出来事を日記感覚で綴ります。

マスカレード・ホテル

※ネタバレ注意!


今週の木曜日に有休を取りました。
で、母と一緒に映画「マスカレード・ホテル」を観てきました。

イメージ 1
原作は、東野圭吾さんが書いた同名小説。
連続殺人事件を解決するため、刑事がホテルマンとして潜入し、捜査を始めるが……。


原作小説は、1度読んだことがあります。
が、例によって内容は95%以上忘れていました。(笑)
タバコの臭いにクレームをつける客が冒頭に出てくるという点だけ、なぜか覚えていました。

全体的に、非常に興味深くて面白かったです。
ホテルで働く方がどんな苦労をしているのか、そして、どんなやりがいを感じているのかがよく伝わってきました。
特に、クレーマー対応の場面などは観ていて怖いとすら感じて、いくら仕事とはいえよくこんな立派に対応できるなと感心しました。

また、刑事は刑事で着眼点が鋭く、やっぱり普通の人より考えが深いなと思いました。
本作の舞台がホテルということで、私は刑事側の視点から観ていたつもりですが、やっぱりホテルっていろんな意味でスゴい場所ですよ。


物語としては、大きく盛り上がる場面は少なく、やや平坦な印象を受けました。
が、全然飽きることはなくて、2時間半の作品をじっくりと楽しむことができました。

評価: ★★★★★★★★☆☆

鳥肌が立つような衝撃や涙を流すような感動がない中では、個人的にトップクラスでした。
原作には続編もあるので、ぜひ映画でも続きが観たいですね。