Krosa

兵庫県在住の社会人(5年目)が、日々の出来事を日記感覚で綴ります。

丹波篠山秋の味覚と嵯峨野トロッコ列車

ネットで神姫バスの「丹波篠山秋の味覚と嵯峨野トロッコ列車」というバスツアーを予約し、家族で日帰り旅に出かけました。

 

 

10月30日(土)。

9時頃に加古川駅に行きました。

「ユッタリーナ」という、定員を減らして1席あたりを広くしたバスが待ち構えており、それに乗り込みました。

確かに、新幹線のグリーン車のように余裕のある座席で、乗り心地は非常によかったです。

 

f:id:pleasure190814treasure:20211108175720j:image

高速道路のPAで休憩を挟みつつ、丹波篠山へ。

最初の目的地である「ささやま玉水」に着きました。


f:id:pleasure190814treasure:20211108175418j:image

丹波牛のすき焼きなど、豪華な昼食でした。

味も満足でした。


f:id:pleasure190814treasure:20211108174957j:image

食後のデザートに、栗のソフトクリームを食べました。

キャラメルにも似た味でした。


f:id:pleasure190814treasure:20211108175137j:image

次に訪れたのは、日本酒「翁鶴」で知られる大石酒造。

日本酒好きとしては、なかなかアツいスポットでした。


f:id:pleasure190814treasure:20211108175258j:image

無料試飲だけでなく、有料試飲もいただいたので、かなり酔いが回りました。(笑)


f:id:pleasure190814treasure:20211108175708j:image

お次は、ツアーのメインイベントとなる、嵯峨野トロッコ列車です。


f:id:pleasure190814treasure:20211108175331j:image

駅には、トロッコ列車を待つ人でいっぱいでした。


f:id:pleasure190814treasure:20211108175352j:image

30分ほど待って、ようやく列車が到着。

ぞろぞろと乗り込みます。


f:id:pleasure190814treasure:20211108175320j:image

保津川沿いを約20分かけて進みます。

途中、見どころでは列車が停車してくれたりします。

運搬ではなく観光が目的の鉄道だからこそできるのだとか。

 

保津川下りをする人が手を振っているのが見えました。

僕も、いつか保津川下りをしてみたいものです。


f:id:pleasure190814treasure:20211108175054j:image

トロッコ嵐山駅で下車し、嵐山散策へ。

竹林の中を歩きましたが、何だか幻想的でした。


f:id:pleasure190814treasure:20211108175215j:image

土産を買ったりしつつ散策を続け、最後に渡月橋へ。


f:id:pleasure190814treasure:20211108175116j:image

以前、家族で来たことがあるみたいなのですが、その記憶がないので、来てみたいと思っていました。


f:id:pleasure190814treasure:20211108175019j:image

京都らしい趣のある風景で、さすが名所といった感じでした。

 

16時20分に嵐山を出発し、帰路に就きました。

ここまで運んでくれたユッタリーナに車両故障が起きたようで、帰りは普通のバスに乗せられましたが、一度ユッタリーナに乗ってしまうと、普通のバスの窮屈なこと……。

ぜひともユッタリーナをもっと普及させてほしいですね。

 

加古川駅に戻ってきたのは、19時前でした。

駅前で夕食を済ませ、帰宅しました。

 

 

天気もよく、とても気持ちのいい旅でした。

紅葉の時期には早かったようですが、いろいろと回れて楽しかったです。