Krosa

兵庫県在住の社会人(3年目)が、日々の出来事を日記感覚で綴ります。

大1・春休み短期バイト まとめ

金曜日の昼頃に、大阪に戻ってきました。
本当は今日ぐらいまで実家で過ごしたかったのですが、大学でオリエンテーションがあったもので……。
 
 
で、今回は、2月16日から4月3日まで続いた短期バイトについて書こうと思います。
 
 
まずは、1日の流れについて。
 
朝は、大体7時に起きました。
家を8時に出て、8時35分頃にバイト先に到着。
9時まで社長の話を聴いて、そこから作業に入りました。
 
昼食は、母の手製おにぎりと、1個58円のカップラーメン。
健康的だとは言えませんが、できるだけ昼食代を抑えたかったのです。
 
仕事の終わる時間は、日によってバラバラでした。
16時過ぎに終わることもあれば、20時前まで作業する日もありました。
 
また、朝も早めに出勤する日がありました。
最も早かったのは、7時前にバイト先に到着したときでした。
 
とまあ、こんな感じで39日間のバイト生活を送っていたわけです。
 
 
次に、バイトでの経験について。
 
このバイトでよかったと思うのは、いろんな大学の人と一緒に働けたことです。
地元の兵庫県立大学の人をはじめ、広島大学鳥取大学近畿大学など、各地の大学に通う人たちと出会えました。
それぞれの大学の話を聴いていると、やはり自分の通う大学とは違う点も多く、楽しかったです。
 
あと、久々に母校を訪れることになったり、初めての接客業も経験できたのは、よかったと思います。
 
しかし、何よりも心に残ったのは、2月下旬に発生した腰痛です。
一番酷かったときは、腰にひびが入るような激痛がして、歩くことすら辛かったほどです。
それまで腰を痛めたことなどなかったので、面接で「力仕事だけど大丈夫か?」と問われたときも、軽々しく「大丈夫です」と答えていました。
が、これほどまでに腰痛が苦しいものだと知った今は、「やはり自分には力仕事は向いていない」と思うし、毎日の行動がどれほど腰に支えられているのかも分かりました。
みなさんも、腰は大切にしてください。
 
 
最後に、お給料について。
 
このバイトの目的は、自動車の運転免許を取るための資金稼ぎでした。
時給は900円だったので、それはそれはスゴイ金額になりました。
しかし、それでも免許を取るには少し足りないようです。
まあ、このバイト代を使って免許を取れば、免許を見るたびに、楽しくて苦しくて笑って怒って喜んだ日々を思い出すことでしょう。
運転免許は一生ものなので、やはりバイト代は、免許取得に使うことにします。
 
 
振り返ってみれば、あっという間の短期バイトでした。
それでも、学んだことは多く、得たものは大きいと思っています。
大学生として初めての春休み、ボクは満足です。