Krosa

兵庫県在住の社会人(5年目)が、日々の出来事を日記感覚で綴ります。

愛知旅行 2日目

愛知旅行 1日目 - Krosa」の続き。

 

 

7月30日(土)。

 

f:id:pleasure190814treasure:20220930233008j:image

朝食バイキングからスタート。

ひつまぶしなどの名古屋メシが豊富で、いろいろと楽しむことができました。

 

10時頃にホテルをチェックアウトし、最初に向かったのはオアシス21です。


f:id:pleasure190814treasure:20220930233036j:image

2年半前にもオアシス21の真下まで来ましたが、それほどじっくりとは見ずに通り過ぎた記憶があります。


f:id:pleasure190814treasure:20220930233028j:image

が、実はオアシス21の屋根に上れるということを知りました。


f:id:pleasure190814treasure:20220930233019j:image

人もほとんどおらず、ゆっくり見て回りました。

 テレビ塔も気になりましたが、今回は上りませんでした。

 

続いて、名鉄の「犬山城下町きっぷ」を購入し、犬山遊園駅まで行きました。


f:id:pleasure190814treasure:20220930233046j:image

事前に予約していた、木曽川鵜飼の観覧に来ました。


f:id:pleasure190814treasure:20220930233056j:image

12時45分頃から、鵜匠さんによる鵜の解説を聴きました。

木曽川ですが、身体の大きい海鵜を飼っているそうです。


f:id:pleasure190814treasure:20220930233105j:image

いよいよ舟に乗って観覧。

川魚を鵜に捕まえさせ、飲み込まないうちに吐き出させて魚を獲る一連の流れは、思っていたよりも楽しめました。

素人からすると、せっかく頑張って捕まえた魚を吐き出させられる鵜が可哀想にも思えましたが、鵜匠さん曰く、別に鵜たちは悲しがっているわけではないとのことでした。


f:id:pleasure190814treasure:20220930233117j:image

舟からは、犬山城が見えました。

川から城を見ることも意外とないので、新鮮でした。

 

鵜飼観覧が終わると、城下町の方へ向かいました。


f:id:pleasure190814treasure:20220930233127j:image

犬山城下町きっぷのクーポンを使い、「1st TERRACE INUYAMA」でマンゴーのベビーパフェを食べました。

美味しいですが、ベビーパフェのわりに高かったです。


f:id:pleasure190814treasure:20220930233145j:image

休憩後は、いよいよ犬山城へ。


f:id:pleasure190814treasure:20220930233136j:image

天守閣からの景色がとてもよかったです。

鵜飼の観覧で周った辺りも見渡せました。

 

犬山城内を一通り見て回り、退城。

犬山駅に向けて、城下町を歩きました。


f:id:pleasure190814treasure:20220930233155j:image

「犬山ローレライ麦酒館 丸の内店」で、日本酒を飲みました。

銘柄は忘れてしまいました。


f:id:pleasure190814treasure:20220930233204j:image

続いて、「犬山よあけや」で和チーズケーキを食べました。

普通に美味しかったです。

 

犬山駅に着くと、電車で名古屋駅に戻りました。

その後、土産を買ったりして時間を潰し、18時前に夕食へ。


f:id:pleasure190814treasure:20220930233212j:image

「海老どて食堂」で大海老ふりゃ〜定食を食べました。

量、味、サクサク感、どれもよかったです。

値段こそ結構しますが、それに見合った価値はありました。

 

夕食を終えると、旅もそろそろ終わり。

19時17分発の新幹線(N700Sでした)に乗り込んで、名古屋駅を後にしました。

帰宅は、21時半頃でした。

 

 

これまで、宿泊旅行としての「父と2人旅」「妹と2人旅」はありましたが、30歳を目前にして1度もなかった「母と2人旅」が今回遂に実現して、よかったです。

1人だと選ばないようなところでも、母が提案してくれて実際に行ってみたらよかった、というのもあって、1人旅とは違う雰囲気も感じることができました。

 

B'zのライブで遠征する機会でもあれば、また実現するかもしれないですね。