Krosa

兵庫県在住の社会人(3年目)が、日々の出来事を日記感覚で綴ります。

ジュラシック・ワールド/炎の王国 <2D字幕>

※ネタバレ注意!


海の日を含む3連休がありましたが、私が働いている会社では、その後の火・水曜日も休みでした。
その間に、久しぶりに母と2人で映画館へ。
母も楽しみにしていた「ジュラシック・ワールド/炎の王国」を観てきました。

イメージ 1
前作「ジュラシック・ワールド」から3年後が舞台。
火山が噴火する島に取り残された恐竜の行方は……。


まず、前作よりも内容が濃くなっていました。
本作を観たことで、前作はジュラシック・ワールドという施設を紹介するための役割が大きかったのだと理解しました。
そして、そのおかげで本作は、恐竜との今後の関わり方について考えさせられたり、人間の醜い一面が露わになったりと、より深い話に発展していけたんだと思いました。

終盤は、恐竜から逃げ惑うという恒例の構図ではありましたが、映画館ならではの迫力でとても楽しめました。
劇場の後方から恐竜の声が聞こえたりして、臨場感もスゴかったです。

ラストは、「あーあ、やっちゃったな」という感じでした。
何となく予想できた展開でしたが、こうなるともう後戻りはできませんね。
どうやら続編の製作が決まっているようですが、どんなストーリーになるのか見当もつきません。


もし本当に恐竜が蘇ったとしたら、世界はどうなるのか。
恐ろしくて生きた心地はしないでしょうが、1%ぐらいはスリルを楽しめるかも……。

評価: ★★★★★★★★★☆

個人的には、ヴェロキラプトルブルーが賢くて感心しました。
この記事を書きながらWikipediaを見ていて、ブルーがメスだったことに衝撃を受けましたが。(笑)




清水雄太さん、コメントありがとうございました。
私が調べた限りでは、「絶海の探偵」のキャラクターデザインは須藤昌朋さんという方のようですが……。