Krosa

兵庫県在住の社会人(3年目)が、日々の出来事を日記感覚で綴ります。

近江神宮 中編

近江神宮 前編」の続きです。


ちはやふる」をきっかけに、近江神宮を訪れたボク。

イメージ 1
春らしい1枚。
楼門の朱色が映えます。

イメージ 2
内拝殿も「ちはやふる」に登場していました。
この辺りは人も少なく、ゆっくりと参拝できました。

神符授与所にて、「ちはやふる おみくじ」をしました。
第7首、安倍仲麿の「あまのはら―」でした。

イメージ 3
数分歩いて、近江勧学館に行きました。
競技かるた名人位・クイーン位決定戦が行われる場所です。
もちろん、「ちはやふる」にも何度も登場します。

イメージ 4
中を見学していると、初めて来たとは思えないほど見覚えのある光景が広がっていました。
マンガやアニメって、こんなに忠実に描かれているんですね。
また、この日の翌日に観た映画「ちはやふる -下の句-」にも登場し、「昨日見たところだ!」と興奮しました。

イメージ 5
この奥には、映画のロケも行われた浦安の間がありました。

イメージ 6
浦安の間には、入っていいかもわからなかったし、入る勇気もありませんでした。(笑)
が、静かで厳かな雰囲気がありました。

イメージ 7
こういう画角のコマがマンガにあったような……。
とにかく、印象的な階段でした。

イメージ 8
映画の出演者の方々のサイン色紙が飾られていました。
この他にも、映画の台本が展示されていたり、近江勧学館を訪れた「ちはやふる」ファンの人が書き記す「机くんノート」があったりして、楽しかったです。

イメージ 9
原作者・末次由紀先生の直筆絵馬も展示してありました。
こんな感じで、「ちはやふる」ファンなら近江勧学館を存分に満喫できると思います。
近江神宮の楼門にも負けず劣らずの感動が待っています。

イメージ 10
ということで、近江神宮の散策は以上。
本当に来てよかったです。
聖地巡りの面白さを実感しました。


近江神宮 後編」に続きます。