Krosa

兵庫県在住の社会人(3年目)が、日々の出来事を日記感覚で綴ります。

ARASHI LIVE TOUR 2017-2018 「untitled」

※セットリスト等、ネタバレ要注意!!


ブログの記事になるネタが溜まってきたので、時系列で書いていこうと思ったのですが、記憶が薄れないうちにこの記事を書くことにしました。
今後の記事で時間が前後しますが、ご了承を……。


11月18日(土)。
ボクは札幌の地を踏んでいました。
その目的は、「ARASHI LIVE TOUR 2017-2018 「untitled」」に参加するためです。

以前から母と妹がのファンで、その影響で楽曲を聴くうちにボクも好きになりました。
そうなると、やはりライブに行ってみたくなる。
しかし、嵐のライブチケットは入手困難で有名です。

ところが、今年は運よくチケットをゲットできたということで、ボクも連れて行ってもらいました。

会場は札幌ドーム
ライブで遠征するのは久しぶりです。
チケットが取れた日に、往復の飛行機は確保したものの、空いている宿を見つけることはできませんでした。
恐るべし……。


札幌ドームには、16時頃に到着。

イメージ 1
初めて訪れる札幌ドーム。
しかし、あまりゆっくりと見る暇もなく、グッズ売り場へ。

ネックストラップとTシャツを購入。
Tシャツは、成人男性には少しキツかったです。(笑)

グッズ購入後、入場口へ。

イメージ 2
当日発表の座席は、アリーナ席でした。
初の嵐のライブをアリーナで観られるとは、ありがたやー。
しかも、ステージからもかなり近い距離で、肉眼でもよく見えました。

お客さんは、95%以上が女性でした。
座席からパッと見渡したところ、顔が識別できる範囲には女性の方しかいませんでした。
あと、女性用トイレの混雑具合に驚きました。

そして、開演時刻の18時……。

ARASHI LIVE TOUR 2017-2018 「untitled」 セットリスト
2017年11月18日(土) 18:00~
@札幌ドーム

01. Green Light
02. I'll be there
03. 風雲
04. Attack it!
05. Happiness
06. UB
07. Come Back
08. 夜の影
09. バズりNIGHT
10. つなぐ
11. 抱擁
12. お気に召すまま
13. Bittersweet
14. GUTS!
15. Doors ~勇気の軌跡~
16. Sugar
17. NOW or NEVER
18. Pray
19. 光
20. 君のために僕がいる
21. PIKA★★NCHI DOUBLE
22. ハダシの未来
23. Believe
24. Monster
25. A・RA・SHI
26. Song for you
27. 「未完」
 -Encore-
28. ワイルドアットハート
29. サクラ咲ケ
30. 彼方へ
 -Double encore-
31. カンパイ・ソング

ライブが始まると、お客さんが持つペンライトがとても綺麗に光り始めました。
ペンライトは自動制御で、バッチリ揃った一体感のある光でした。
乃木坂46のライブで見るバラバラな光も好きですが、自動制御のスゴさを実感しましたね。

1曲目が始まると、遂に嵐の5人が登場。
途端に会場は「キャー!」という歓声で埋め尽くされ、男のボクも「おぉ、嵐って本当に存在するんだ」と興奮しました。(笑)
メンバーが映されたメインステージのスクリーンは、これまで見たことがないほど大きいのに、非常にクリアな映像で驚きました。

メインステージがアリーナ後方まで移動したり、トロッコ移動などで、メンバーが至近距離まで来ることが何度かありました。
中でも相葉ちゃん相葉雅紀さん)が来てくれることが多かったのですが、カッコイイし愛想もいいし、素晴らしい方でした。


では、印象的だった曲を書きます。

Green Light
1曲目予想は的中。
メンバーの登場の仕方がとてもカッコよくて、この曲と合っていたと思います。
嵐の楽曲全体の中でもベスト3に入るぐらい好きな曲になりました。

風雲
初めて「untitled」を聴いたときに、一番印象的だった曲。
ライブで盛り上がる風景が容易に思い浮かぶ曲で、ぜひライブで聴きたかったので、よかったです。

Happiness
ボクが記憶に残っている中で、一番最初に嵐を認識した曲です。
中学校の運動会のリレーのBGMで流れていたのを覚えています。
あの頃から変わらず好きな曲です。

「UB」~「バズりNIGHT」のユニット曲
正直、CD音源を聴いているときは微妙でしたが、ライブでパフォーマンスと合わせて聴くと、かなり印象が変わりました。
特に「バズりNIGHT」は、笑いもあって盛り上がって、とてもよかったです。

Doors ~勇気の軌跡~
最初にCD音源で聴いたときは、シングルのA面らしくない曲だと感じましたが、これもパフォーマンス込みの映像を観てから好きになりました。
今では、最近のシングル曲で一番好きなほどです。

Song for you
とても壮大で、ライブで聴きたかった曲の1つ。
曲の後半は、感動でずっと鳥肌が立ってました。

カンパイ・ソング
人生初のダブルアンコールに、「おぉ、まだ歌ってくれるんだ」と驚き。
ライブ映えする曲ですよね。
最後に大盛り上がりで、気持ちのいいラストでした。


セットリストの中で、ボクは「Attack it!」と「お気に召すまま」を知りませんでした。
まだまだ勉強不足です。

アイドルのライブでは、曲をフルで披露することはほとんどないと思っていましたが、今回のライブではフルで披露された曲も多く、驚きました。
また、楽器隊がいて生演奏で曲が流れるというのも衝撃的でした。


まとめると、本当に素晴らしいライブでした。
このジャンルのライブの中では、もう上はないんじゃないかと思うぐらいよかったです。
セットリストもよかったし、札幌まで来た価値は十分にありました。
ライブに連れて行ってくれた母と妹に感謝ですね。

チャンスが巡ってくれば、ぜひまた嵐のライブに行きたいです。