Krosa

兵庫県在住の社会人(5年目)が、日々の出来事を日記感覚で綴ります。

相棒-劇場版IV- 首都クライシス 人質は50万人!特命係 最後の決断

※ネタバレ注意!


火曜日に、「相棒-劇場版IV- 首都クライシス 人質は50万人!特命係 最後の決断」を観てきました。

イメージ 1
人気ドラマ「相棒」の劇場版第4弾。


国際犯罪組織、日本政府、テロなど、相棒らしい複雑なストーリー。
一方で、ミステリーとしての要素もちゃんとあるし、緊迫感のあるアクションも見応えがありました。

政治が絡んでくる相棒のストーリーでは、政府の上層部の極悪さがいつも際立ちます。
今回も例に漏れず、「保身ばっかりで、自分勝手なこと言ってるなー」と思いながら観ていました。
現実でも、本当にあんな感じなんでしょうか。

あと、神戸さんや米沢さんといった懐かしのキャラも登場。
ただし、思ったほど出番はありませんでした。
まあ、ゲストキャラとしてはいい登場時間にも思えます。

個人的には、右京さんと冠城さんのコンビはなかなか好きです。
冠城さんの勝手な行動を右京さんが窘めたり、それでも冠城さんは改めなかったり……。
お互いに、実は深い信頼関係が築けているからこそ、こういったシーンが描かれるんじゃないかと思っています。
冠城さんの、ちょっとふざけた感じも好きです。


映画の内容を文字でまとめたかったのですが、いろいろ複雑で、うまくまとめられませんでした。
そのため、内容の感想がほとんどありませんが、全体的にとても楽しめました。

評価: ★★★★★★★★☆☆

劇場版というより、ドラマの2時間スペシャルで描かれそうな話でしたが、クライマックスの右京さんのシーンで一気に特別感が出ましたね。
あまり細かいことは言いませんが……。(笑)