Krosa

兵庫県在住の社会人(3年目)が、日々の出来事を日記感覚で綴ります。

ハリー・ポッター&妖怪ウォッチ

一昨日、母と妹と3人でUSJに行ってきました。
今回の主な来園目的は、「ハリー・ポッター」と「妖怪ウォッチ」です。


あまり天気がよくない日でしたが、逆に人は少ないだろうと予想し、一人でUSJへ。
ところが、途中の西九条駅から急に人が増え始め、ユニバーサルシティ駅で続々と降りていく人だかりを見て、「ウソだろ」と思いました。
小中高生は授業が始まっているし、まだハロウィンも始まっていないし、おまけに雨。
なのに、過去に土日に訪れたときと同じぐらいの人の数で、驚きました。

イメージ 1
今年完成したホテルが、ユニバーサルシティ駅前に登場。
USJは、実家からも下宿先からも近いので、この辺りのホテルには泊まったことがありません。
が、一度は泊まってみたいですねー。

10時頃に到着し、先に入場券を購入して、後から来る2人を待ちました。
10時半過ぎに合流し、いよいよ入園。

最初に、ハリー・ポッターのエリアに入場するための時間制限付き入場整理券をゲット。
さらに、「ジュラシック・パーク・ザ・ライド」に乗るための整理券(こちらも時間制限付き)も確保した後、「スペース・ファンタジー・ザ・ライド」に並びました。

「スペース・ファンタジー・ザ・ライド」に乗った後、急いで「ジュラシック・パーク・ザ・ライド」に向かい、整理券で乗りました。


イメージ 2
ボクは2回目、母は3回目、妹は初めて訪れたこのエリア。
相変わらず人が多かったです。
やっぱり、ハリポタエリアが登場してからの人気上昇率は異常ですね。

で、楽しみにしていた「ハリー・ポッター・アンド・ザ・フォービドゥン・ジャーニー」。
待ち時間は、まさかの250分。
ただ、実際には2時間ほどで乗れました。

昨年の先行体験で乗ったときは2D映像で楽しみましたが、今年は3D映像に進化しているので、気になっていました。
結論としては、よりリアルになっていて、より楽しめました。
2Dでも十分迫力はあったのですが、もっとスゴいことになっていました。
ただ、あまりにもリアルなので、酔いやすい人は厳しいかもしれません。

一通りハリポタエリアを楽しんだ後は、エリアを出て遅めの昼食。

イメージ 3
途中、変装(?)したコマじろうを発見。
可愛い。(笑)

イメージ 4
昼食は、「フィネガンズ・バー&グリル」で。
昔に食べたときは美味しいと思えなかったオニオンブロッサムを久しぶりに食べてみると、これが美味しい!
味覚は変わるんですねー。

昼食後、こちらも気になっていた「妖怪ウォッチ・ザ・リアル」へ。
待ち時間は、衝撃の3時間!
しかし、こちらも1時間程度で順番が来ました。

40人ほどを1グループにしてアトラクションがスタート。。
妖怪ウォッチと妖怪バッドを渡され、アニメにも登場する街を実際に歩き回ります。
妖怪パッドで妖怪が潜んでいる場所が示されるので、そこに行って妖怪ウォッチで妖怪を見つける。
見つけた妖怪は友達になりますし、出会う妖怪は人それぞれ。
散策時間は5分ちょっとで、その後にボスとの戦いがあります。
ボス戦では、散策中に友達になった妖怪を選んで、他の参加者と一緒にボスと戦います。

と、アトラクションの解説を書きましたが、正直に言うと、思っていたよりも格段に面白かったです。(笑)
妖怪ウォッチをつけて、本当に妖怪を見つけるような体験ができます。
ボクは、ジバニャン、コマじろう、コマさん、ひも爺の順で4匹と友達になりました。
また、妖怪ウォッチや妖怪パッドが非常に精巧にできていて、まさしくリアルでした。
最後のボス戦は、ボクはコマさんで戦いましたが、ちびっ子たちに混じってバトルするのは、非日常感があって面白かったです。

夜には、ハリポタリアの入場規制が外れ、整理券なしでも自由に入れるようになりました。

イメージ 5
夜のホグワーツ城も、幻想的でいい感じ。
さすがに人の数も減って、「ハリー・ポッター・アンド・ザ・フォービドゥン・ジャーニー」も20分ほどで乗れました。
閉園時間まで園内に残るという人は、夜が狙い目かもしれません。

そして、閉園時間の20時に退園。
駅前のファミレスで夕食を済ませて帰りました。


ハリー・ポッター妖怪ウォッチも非常によかった!
1年ぶりのUSJでしたが、また近いうちに来たいですね。



 今日のアトラクション
1. スペース・ファンタジー・ザ・ライド
2. ジュラシック・パーク・ザ・ライド
3. ハリー・ポッター・アンド・ザ・フォービドゥン・ジャーニー
5. 妖怪ウォッチ・ザ・リアル
6. アメージング・アドベンチャー・オブ・スパイダーマン・ザ・ライド 4K3D
7. ハリー・ポッター・アンド・ザ・フォービドゥン・ジャーニー