Krosa

兵庫県在住の社会人(3年目)が、日々の出来事を日記感覚で綴ります。

B'z LIVE-GYM 2015 -EPIC NIGHT- (大阪)

※セットリスト等、ネタバレ注意!


2日連続のライブ記事。
今日は、ちょうど1週間前に参加してきた「B'z LIVE-GYM 2015 -EPIC NIGHT-」のスタジアム公演について書きます。



7月5日(日)。
ちょうど妹の誕生日ということで、土曜日ではなく、あえて日曜日の公演を選びました。

10時前に出発し、途中でマフラータオルを忘れたことに気づいてダッシュで帰宅。
父と大正駅で待ち合わせしていたので、予定の電車に乗るために再び疾走。
何とか間に合いました。

父と合流後、会場である京セラドーム大阪に向かい、グッズを買うために列に並びました。
その間、交代で列を抜け出してガチャガチャに挑戦。
しかし、新潟のとき以上に運が悪く、父と合わせて16回チャレンジしたものの、目当てのプレートチャームは出ませんでした……。

グッズは12時半から販売開始の予定だったのですが、もう11時50分ぐらいには列が動き出し、そのまま数分後には購入まで到達しました。
ツアートラック、メモリアルプレートと、チャリティーグッズのコップを買いました。

母と妹は梅田を散策していたので、ボクたちもそちらへ向かうことに。

梅田に来ると、グランフロント大阪の中にある書店で本を購入。
その後、「ビアブルグ 梅田」という店で昼食。
ここで母たちとも合流しました。

昼食後は、阪急の地下で軽くショッピングを楽しみ、ポケモンセンターに寄り、再び京セラドームに戻りました。

ボクが父と新潟へ遠征したように、母とその友人は、沖縄で行われたホール・アリーナ公演のファイナルに参加していました。
そこで母が購入し、大阪でも着用していた「Tシャツ ホワイト」が無性に欲しくなりました。
すでに新潟でツアーTシャツを買っていたので、いろいろ考えたのですが、やはり購入してしまいました。(笑)
ということで、この日は父とお揃いのツアーTシャツを脱ぎ、母とお揃いのTシャツでライブを楽しみました。

16時15分頃に入場。

イメージ 1
座席券に刻まれていたのは、またしても「アリーナ」の文字!
「Ain't No Magic」以来、約5年半ぶりに京セラドームのアリーナに戻ってきました。

イメージ 2
座席に向かう途中、小藪さんから届いた花を発見。
どういう繋がりがあるのかは分かりませんが、「大阪でライブをしてくれてありがとう」といったところでしょうか。

で、久々に降り立った京セラドームのアリーナ。
肝心の座席は、なんと最前から20列目ほどの、ほぼ中央。
すなわち、相当の良席だったわけです!
ボクたちはS席でチケットをゲットしたのですが、S席の中では前から6列目でした。
SS席の最後列と大して変わらないステージとの距離感。
京セラドームで、S席にもかかわらずこんなに近くでライブを観られるのは、これが最初で最後でしょうね。

ステージには、アルバム「EPIC DAY」のジャケット写真を背景に、飛んでいく赤い風船を掴もうとしている少年像がありました。
また、ライブが始まるまでに、ステージの各サイドでを数台設置する作業が行われていました。

そして17時。
いよいよライブの始まりです……。

B'z LIVE-GYM 2015 -EPIC NIGHT- (大阪) セットリスト
2015年7月5日(日) 17:00-

01. RED
02. NO EXCUSE
03. YOU & I
04. Don't Leave Me
05. HEAT
06. アマリニモ
07. Exit To The Sun
08. Black Coffee
09. 君を気にしない日など
10. Man Of The Match
12. ZERO
13. Blue Sunshine
14. 有頂天
16. スイマーよ!!
18. Las Vegas
19. EPIC DAY
 -Encore-
20. イチブトゼンブ
21. 愛のバクダン

オープニングは、赤い風船が様々な場所を漂い、嵐を抜け、空高く飛んでいくという映像。
文字で書くと「?」と思われるでしょうが、柔らかい感じのBGMとともに流れるあの映像を観ていると、何だか泣きそうになりました。(笑)

では今回も、印象的だった曲について書きます。


RED
リリースして間もない最新曲からスタート。
この曲が演奏されるのは容易に想像できましたが、1曲目に来るのは少し意外でした。

YOU & I
ライブでは初めて聴いたはず。
この曲が聴けたのも意外でした。

Don't Leave Me
ホール・アリーナ公演の日替わりで歌われていた曲。
ボクは新潟で聴けなかったのでラッキーでした。

君を気にしない日など
「EPIC DAY」の全10曲のうち、ホール・アリーナ公演で唯一演奏されなかった曲が、やっと聴けました。
この曲の直前の稲葉さんのMCを聞いて「次は『Classmate』か」と勘違いしていたので、何か驚きました。(笑)

この曲の途中から、松本さんと稲葉さんがアリーナ後方のサブステージに移動。
良席だったボクからすると残念な演出だったわけですが、メインステージから遠い席の人のことを考えると仕方ないですね。

ZERO
松本さんと稲葉さんの2人だけで演奏された、セッション形式のこの曲。
このアレンジは好き嫌いが分かれると思います。
個人的には、新潟で聴いた「Baby, you're my home」をここで演奏して、「ZERO」はメインステージで通常の形式で演奏してほしかったです。

Blue Sunshine
納得のいかない「ZERO」の次に演奏されましたが、新潟で聴けなかった日替わり曲だったので、一気にテンションが上がりました。
ボク的には、この公演で最も価値のある曲でした。

ライブ開始前に設置された車がクレーンで吊るされ、この曲が終わるのと同時にステージ後方で落下させて爆発。
驚きましたが、どういう意味があったのかはよく分かりませんでした。

Las Vegas
ステージやそのサイドに電飾やバルーンが設置され、非常に賑やかな中で演奏されました。
まるで本当にラスベガスにいるかのような華やかさでした。

愛のバクダン
曲のアウトロで、別の曲(公演中は思い出せませんでしたが、後に「GIMME YOUR LOVE -不屈のLOVE DRIVER-」と判明)の一節が演奏されたので、「やった、アンコールは3曲だ!」と思ったのですが、そのまま終了でした。
あのリフの意味は何だったのか……。


ホール・アリーナ公演と似たようなセットリストだったので大きな新鮮味は感じられませんでしたが、やはりスタジアム公演のパワーは強烈でした。
席もステージから近かったので、松本さんや稲葉さんの顔もばっちり見えました。

ただ、「ZERO」枠はもったいなかった。
アリーナ後方に移動するなら、以前のようにステージごとの方がいいんじゃないかと思いました。

まあ、とにかく最高に楽しめたので、それで十分です。(笑)


公演後は、ドームの傍にあるイオンモールのフードコートで夕食を済ませ、再び梅田へ。
駅チカの「キリン 一番搾りガーデン」で締めました。

その後は、駅で家族と別れ、一人で寂しく帰りました。
ライブ後の一人帰りは辛かったです……。(笑)



さて、2015年の大きな楽しみの1つが終わってしまいました。
まあ、今年は2回もB'zのライブに行けたので文句は言えませんね。
ぜひまた、近いうちにライブを開催してもらいたいです。

……あー、それにしても先週に戻りたい。(笑)

イメージ 3