Krosa

兵庫県在住の社会人(3年目)が、日々の出来事を日記感覚で綴ります。

名探偵の掟 (東野圭吾)

※ネタバレ注意!
 
 
夏休みということで、地元に帰省し、のんびりしてます。
「家事をしないだけで、こんなにも時間が余るのか」というぐらい暇です。(笑)
 
ということで、読書の時間も増えましたので、夏休み中に3~4冊読破しようと思っています。
 
イメージ 1
一昨日に読み終わったのは、東野圭吾さんの「名探偵の掟」という作品。
名探偵と刑事が活躍し、事件を解決していく短編小説なのですが、今までの推理小説とは大きく違うことがあります。
なんと、推理小説の「お約束」を破っちゃってるんです。
 
密室、アリバイトリック、ダイイングメッセージ……。
推理小説に欠かせない要素には、それぞれ約束があって、これまでの推理小説の大半は、それらを無視することなく作られてきました。
が、「名探偵の掟」では、「推理小説には、どうして『密室殺人』が題材として選ばれやすいのか」、「作者は何を意図して『ダイイングメッセージ』を使うのか」といったことを明らかにした後で、これらの「お約束」をことごとく破っていきます。
 
なので、「本格推理小説」ではあるのですが、やや緊張感に欠けます
どちらかというと、笑える作品なんです。
読んでいると、「そりゃないだろ」と思えるようなトリックも出てきて、ユーモアに溢れた物語となっています。
ボクとしては、もっと本格的なストーリーを期待していたのですが、残念……。
 
ちなみに、この作品でボクが一番よかったと思ったのは、「アンフェアの見本」という話でした。
知らないうちにミスリードされていて、最後に「あぁ、なるほど」と思える作品です。
気持ちよく騙されました。(笑)
 
さて、全体の評価です。
 
評価: ★★★★☆☆☆☆☆☆
 
「お約束」を破らなくてもいいから、もっと純粋な推理小説が読みたかったです。
 
次の作品ですが、東野さんの「宿命」という小説を読んでいます。
まだ読み始めたばかりですが、結構評判もいいので、期待したいと思います。
 
 
読んだ本リスト
 
01 放課後 (2012/5/10 - 2012/5/31)
30 あの頃ぼくらはアホでした (2012/6/21 - 2012/7/4)
33 名探偵の掟 (2012/7/24 - 2012/8/8)
48 時生 (2012/6/1 - 2012/6/21)
65 流星の絆 (2012/7/5 - 2012/7/23)
73 あの頃の誰か (2012/4/10 - 2012/4/24)
 
 

 
<「おおかみこどもの雨と雪」のコメントへの返事>
 
heavenlylove1216さん、コメントありがとうございました。
「おおかみこども」を観た1週間後に映画館に行ったら、こちらもブックマーカーは売り切れてました。
パンフレットも欲しかったのですが、持ち合わせが……。(笑)
 
あと、「お気に入り登録」の件、もちろん大歓迎ですよ。
また見に来てください。