Krosa

兵庫県在住の社会人(3年目)が、日々の出来事を日記感覚で綴ります。

放課後 (東野圭吾)

※ネタバレ注意!
 
東野圭吾さんの記念すべき1冊目にして、江戸川乱歩賞を受賞した作品、「放課後」を読みました。
 
イメージ 1
舞台は女子高。
数学の教師である主人公・前島が、高校内で起こる殺人事件の謎に挑んでいきます。
 
「女子高の話だから、共学の高校とは全然違うのかな」と思いながら読んでいましたが、夏休みがあり、部活があり、そして体育祭があるように、それほど違和感を感じることはありませんでした。
現実的には、もっと異なった点があるような気もしますが……。
 
数か月前は高校生だったボクからすると、この作品は非常に読みやすかったです。
それに、どんどん先が知りたくなる。
特にクライマックスは、随分と駆け足で読んでしまいました。
 
最後の謎解きの場面では、次第に事件の全貌が明らかになっていきます。
殺人の動機にボクは驚きましたが、女の考えることは分かりません。(笑)
でも、確かに納得できるような気もしました。
 
で、最も意外だったのが、最後の3ページ
作品のちょっとした場面で見られた、前島の奥さんの奇妙な行動。
ボクは「浮気してるんだな」と思っていましたが、まさかねぇ……。
 
ということで、さすが江戸川乱歩賞受賞作だな、と思わせる作品だったと思います。
 
評価: ★★★★★★★★☆☆
 
やっぱり、学生ものには共感しやすいですね。
 
さて、次回は「時生」という作品を読みます(というか読み始めてます)。
 
 
読んだ本リスト
 
01 放課後 (2012/5/10 - 2012/5/31)
73 あの頃の誰か (2012/4/10 - 2012/4/24)