Krosa

兵庫県在住の社会人(3年目)が、日々の出来事を日記感覚で綴ります。

東野圭吾「麒麟の翼」を読んで

昨日、「麒麟の翼」を読み終えました。
 
簡潔に言って、面白かったです。
あ、もちろん「アハハハ!」の方の「面白い」ではありませんが。(笑)
 
不可解な事件の裏には、驚きの真相が待っていました。
「えっ、犯人この人……?」という感じ。
 
また、心温まる場面も。
特にラストはジーンとなりました。
家族のあり方を、再度確かめさせてくれる作品でした。
 
さて、これで、現在刊行されている「加賀恭一郎シリーズ」は9作とも読み終えたわけです。
何か寂しいなぁ……。
早く10作目が読みたい。
ということで、東野さん、よろしくです!
 
最後に「加賀恭一郎シリーズ」を総合評価します。
個人的には「麒麟の翼」が印象的だったけど、「悪意」や「私が彼を殺した」、「赤い指」もお気に入りですね。
あ、でも、加賀さんを知らない人は、1作目の「卒業」から読むのをオススメしますよ。