Krosa

兵庫県在住の社会人(5年目)が、日々の出来事を日記感覚で綴ります。

B’z presents LIVE FRIENDS

※ネタバレ注意!

 

 

B'zの有観客ライブ「B’z presents LIVE FRIENDS」に、なんと父親が当選!

B’z presents UNITE #01」は全ハズレでしたが、とにかくB'zが聴きたい自分からすると、むしろ今回のライブに当たった方がよかったぐらいでした。

 

ライブ前後のことは別の記事に任せるとして、ここでは会場到着以降について書きます。

 

f:id:pleasure190814treasure:20211211231742j:image

15時過ぎに、ライブ会場の東京ガーデンシアターに着きました。

早速、グッズ売り場へと向かい、とりあえず目当てのものを買いました。

 

f:id:pleasure190814treasure:20211211231802j:image

会場の隣の「ヴィラフォンテーヌ グランド 東京有明」がこの日の宿泊先だったので、グッズ購入後すぐにチェックインし、開演時間が近づくまで部屋で寛いでいました。

 

f:id:pleasure190814treasure:20211211231909j:image

ライブの遠征で、こんなに会場に近いホテルに泊まったのは初めてでしたが、ろくに荷物も持たずに開演ギリギリに入場できるというのは、余裕があっていいなと思いました。

 

f:id:pleasure190814treasure:20211211231843j:image

仕事で遅れてきた父と合流し、17時過ぎに入場。

入場時にはワクチン接種証明書の提示が必要でしたが、特に面倒に思うこともなく、スムーズに終わりました。

一方、アプリのCOCOAのチェックが全くなかったのは意外でした。

 

f:id:pleasure190814treasure:20211206235647j:image

座席に着いたときは、期待していたほどステージに近いわけでもないなと少し落胆しましたが、目の前が通路の席だったので直前に人がおらず、結果的には見やすかったです。

 

開演前も皆さん沈黙……かと思いきや、わりと普通に会話は繰り広げられていました。

マスクもしてたし、そんなに大きな声でもなかったので、おそらく大丈夫だとは思いましたが、もっと厳しく取り締まっているイメージでした。

 

そして、17時半を少し過ぎた頃にライブが始まりました。

 

 

---↓セットリスト↓-----

 

B’z presents LIVE FRIENDS

2021年11月17日(水) 17:30~

@東京ガーデンシアター

 

01. いつかのメリークリスマス (Reprise)
02. 僕の罪
03. Love is...
04. 恋じゃなくなる日
05. 傷心
06. BABY MOON
07. ある密かな恋
08. sasanqua 〜冬の陽
09. SNOW
10. きみをつれて
11. Friends
12. シーズンエンド
13. Butterfly
14. こんな時だけあなたが恋しい
15. ミダレチル
16. GROW&GLOW
17. どうしても君を失いたくない
18. SEASONS
19. いつかのメリークリスマス
 -Encore-
20. 結晶
21. JOY
22. TONIGHT(Is The Night)

 

---↑セットリスト↑-----

 

 

公演中は着席&声出し禁止ということでしたが、少なくとも僕の周辺の方は全員厳守していました。

口ずさみながら楽しみたいなと思う場面はありましたが、着席という条件に関しては、むしろ本公演には合っていましたね。

 

座ってじっくり聴くB'zのライブは、これまでのライブよりも上質な音楽を存分に堪能できた一方で、個人的にはやはり幾分かの物足りなさもありました。

2年以上ぶりにB'zの有観客ライブに参加したので、どうしてもコロナ前の熱狂と比較してしまいます。

改めて、元のスタイルのライブ復活を切実に願う限りです。

 

アルバム「FRIENDS III」に収録される曲の多くは、本公演で初めて聴くことになりました。

一度聴いただけでは詳しく感想を述べられませんが、25年経ってからのシリーズものでも、全体的に上手く当時の雰囲気に合わせた曲を作るなと感心しました。

初見(初聴?)では、「こんな時だけあなたが恋しい」が最も好みでした。

 

その他の曲の感想もいくつか。

 

【僕の罪】

イントロとともに紗幕が開いていったのが、相乗効果で強烈に印象に残りました。

改めて「FRIENDS」を聴くと、手前に「いつかのメリークリスマス」があるにもかかわらず、この曲こそが始まりだと思えてしまうぐらいです。(笑)

 

【結晶】

全く予想していなかったので、披露されて驚きました。

大好きな曲、というわけではありませんが、FRIENDSシリーズに縛られない選曲がLIVE-GYMを彷彿とさせ、とてもよかったです。

 

【JOY】

この曲以降は立ち見が可となり、僕も立ち上がって楽しみました。

声は出せないものの、キャパ100%で全員が立つと、風景としてはコロナ前のライブと同じで、何だか感動しました。

これが当たり前だった数年前が、いかに尊いものだったか……。

 

大まかには「FRIENDS & FRIENDS II」→「FRIENDS III」→「FRIENDS以外のレア曲」という流れで、メリハリがあって気持ちが乗りやすかったです。

今回のようにテーマが決まったライブは初めてでしたが、まだまだ面白そうな縛りのライブはできると思うので、密かに楽しみにしておきます。

 

公演は、大体2時間で終了。

公演後、コロナ前のライブよりも規制退場に時間がかかりましたが、逆にこういう規制やワクチン接種証明書の提示ぐらいで堂々と有観客ライブができるなら、協力は惜しまないので、もっとツアーなども再開してほしいですね。

 

 

ということで、有観客ライブの参加自体が1年9か月ぶり、B'zの有観客ライブへの参加ということなら2年3か月ぶりにもなった「B’z presents LIVE FRIENDS」ですが、やっぱり生の音楽は素晴らしいと思いました。

こういう楽しみがあるから、毎日頑張れるのだなと改めて実感しました。

 

次は、まだ声は出せなくてもいいので、ドームかスタジアムを満席にして、盛大にLIVE-GYMを開催してほしいです。